生産者名一覧

(株)しむら

神奈川県川崎市宮前区
私が生産者です
いつまでも笑顔で生き生きとした美活力を

残留農薬の検査を独自で実施
 
生活クラブとは陶磁器の生産者としてこれまでお取り組み頂いておりましたが、実はしむらの先祖は油屋です。
江戸時代から戦前まで行っていた油屋を復興したい思いが情熱となり、油について研究していった結果、たどり着いたのは『 アーユルヴェーダ』でした。アーユルヴェーダとはインドの伝承医学。(直訳すると『生命科学』) アーユルヴェーダの自然治癒では、セサミオイルが用いられ、セサミオイルは健康と美容に欠くことのできないものであることが判ったのです。陶磁器のすり鉢で使われたゴマと油屋のオイルがピタリとひとつになりました。
これからの時代は、自己での健康管理、未病対策は必須となるでしょう。 美しさは活力です。健康な心と体が美を作るのです。
私たちはアーユルヴェーダを生涯研究して、その研究の成果を皆さんにお伝えし、一人でも多くの方々が、幸せで有益な人生を歩んでいけるよう、努力していきたいと思います。
 
私の代表消費材
セサミオイル

ゴマの恵みがギュッと詰まっています
 
シムシムジャパンのオイルは、厳選したゴマの種子(中国を除くアジア・アフリカ産) を低温でじっくり焙煎し、溶剤を使わずゴマの種子に圧力をかける物理的なやり方で、ゆっくりと搾油します。そして、丁寧にろ過したオイルを100度前後まで加熱(キュアリング)し、その後常温になるまで静置します。キュアリング工程を行うことによりゴマ油の中に含まれたゴマリグナンの『セサモリン』 が『 セサモール』に変化するのです。セサモールは経皮吸収されると体内でビタミンEと協力してからだの異常な酸化(錆び)を防ぐと共に、酸化によって出来た有害物質を元の正常な状態に戻し、細胞をいつも元気に保ってくれるのです。
こうした工程はすべて、シムシムジャパンと提携した国内の油メーカーで安心・安全をモットーに製造しています。低温焙煎で溶剤を使わずに圧搾したセサミオイルは、キメが細やかでさらっとした感触で、肌にスーと浸透して嫌なベタツキ感がありません。乾燥した肌に最適です。
人工的な成分は一切入っていないので、口に入れても大丈夫。天然成分の優しさで、お肌の弱い方にもご好評頂いています。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
ゴマのすり鉢からゴマのオイル美容へ

天然成分がつまった美容液
 
川崎市の中小企業婦人会館1Fで益子焼の陶器専門店を営んでおり、その店舗に生活クラブの理事の方がいらっしゃったのが出会いです。その後、組合員さんのご要望で、益子焼のカメの取組が行われました。 その当時は、手作りのちらしで、瓶も絵で描いたものでしたが、快く申し込みをして下さり、もちろん、イメージ違いでのクレームもありませんでした(笑)。その後、益子焼だけでなく美濃焼の納豆鉢、すり鉢等もお取組み頂くようになりました。
食と健康に視点をおき、胡麻のすり鉢から、胡麻のオイルを化粧品として開発し、シムシムセサミオイルの取組を新たにスタートさせ、現在はセサミオイル化粧品のメーカーとして取組をしております。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.