生産者名一覧

みついし昆布(株)

北海道日高郡
私が生産者です
海の子、陽の子、最高の煮昆布です
 
天然のみついし昆布は自然の恵みで育ちます。太陽の陽(ひ)と森がなければ、栄養不足になってしまいます。産地の多勢の仲間達と森を育てて、海を守ります。
「昆布って地味なもの」
けれどいつもオリジナルの消費材を作りたいって、猛烈に思っています。なぜって、みついし昆布は海の子陽の子、養殖も装置乾燥もしないもの、食品としてとても真っ当なものなんですから。
 
私の代表消費材
食べておいしい日高の昆布
 
肉厚の2等級や3等級は、味の良い昆布で、おでん、煮物、そのまま食べたり、佃煮などに向いています。昆布だしの旨味成分は表面にあるので、洗ったり強くこすったりせずに軽く汚れを落とす程度でお使いください。みついし昆布は他の消費材にもたくさん使われています。
日本では北海道が主産地です。場所によって呼び名が違い、特徴があります。食べる昆布、だし用など用途もそれぞれ違います。
昆布の安定供給を目的として養殖ものもありますが、養殖ものは手間がかかる上に品質的には天然ものにかないません。そのため道内養殖されている産地は道南の真昆布、利尻昆布、羅臼昆布などの産地だけです。
天然もののみついし昆布を是非味わって下さい。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
 
 
みついし昆布は生活クラブにとって、北海道で2番目に古い生産者です。豆類やジャガイモで提携する上士幌町農協がそれまで唯一の生産者でした。その上士幌町の当時町会議員だった長屋芳郎さんの紹介が生活クラブとの出逢いのきっかけでした。
みついし昆布では当時色が悪くなって店頭に並ぶ昆布や、やたらと高値がつけられていることに反発、三石漁協から直接仕入れ、加工し、直接販売のほか個人注文を受ける事業も始めていました。
一方生活クラブは当時料理素材としての品質、化学調味料に頼らないだしを追求し、また石油パニックを契機に、市場を介さない直接流通を求めていました。
この両者が1978年に出逢ったことで、提携が始まりました。
今後も生活クラブの組合員の皆さんとたくさん会って、話して、生活クラブの皆さんに力をもらいながら、一緒に活動の輪を広げていきたいと思っています。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.