生産者名一覧

(株)プレス・オールターナティブ

東京都目黒区
私が生産者です
問題解決を通して社会を変える!
プレスオールタナティブ
世界各地の生産者たち
 
(株)プレス・オールターナティブは2015年で創立30年を迎えました。「プレス」は発信、「オールターナティブ」は今までのやり方ではないもう1つの、という意味です。1985年の設立当時は大量生産、大量消費の時代。「流通」に価値が置かれ大切なものがおいてけぼりになる中、「市民の手で地域・社会の問題解決をすること、問題解決を通して、社会を変えること」を使命として立ち上がりました。
「フェアトレード」もその問題解決の「解」のひとつであり、現地での誇りを持った仕事創りを応援しようと、1986年に第3世界ショップを設立。海外の生産者から直接、素性の明らかな食品・雑貨を輸入し、国内で販売する事業に取り組んでいます。生産者とは強い信頼関係を維持しながらも、日々厳しいやり取りをしてお互いを磨き、対等な立場での長期的な関係を築いています。
 
私の代表消費材
どんな人たちがどんな気持ちで作っているか
2018_55.jpg
20年以上お取り組みいただいているメープルシロップ
 
私たちの消費材はメープルシロップ、烏龍茶、紅茶、ドライフルーツ・ナッツ類、ワイン、お菓子(黒糖くるみ等)など幅広くあります。原材料はほとんどが海外産で、その内の多くは現地の有機認証を取得しています。しかし、私たちは認証制度に頼るのではなく、現地を定期的に点検し、栽培・加工の状況を確認しています。そして大事なことは、どのように作られているかだけではなく、どんな人たちがどんな気持ちで作っているかをしっかり見て共感し、信頼関係を築くことです。
私たちの流通はいたってシンプル。現地農家・加工業者とは直接メールや電話でやり取りをしていて、農家・加工業者→自社で輸入→弊社委託倉庫→パッキング(委託小分け工場)→生活クラブDCと中間業者がほぼいません。
食品に完璧な安全性を求めても、どうしても稀に事故が起きてしまうときがあります。その場合、生産者が誇りを持って妥協のないモノ作りをしていること、また、シンプルな流通経路だからこそ、生産者は原因究明や再発防止に向けて非常に協力的で、スピード解決ができます。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
地域を元気にするコミュニティトレード
2018_05.jpg
消費材
 
創業者の片岡勝が、1987年に神奈川NETの選挙応援を手伝ったのがきっかけで、取組みが始まりました。東チモール支援への共感からポルトガルワイン、それから紅茶シンガンパティやメープルシロップ、ドライフルーツ・ナッツ類と約40品目に拡大しています。当初は海外の材を輸入して単に小分けして供給するだけだったものが、最近では各材を組み合わせたオリジナルなお菓子の開発(メープルアーモンド、黒糖くるみ、緑茶くるみ、カシューナッツカレー味、レーズンチョコ、珈琲豆チョコ等)に取り組むことで、材の安定的な購入、新しい食文化の提案、国内の中小工場の活性化、伝統技術の継承等、より多くの問題解決につながっています。
これらは、南北問題の解決を目指した「フェアトレード」の枠組みを超えているため、日本や途上国など関係なく、地球という土俵で地域の人々が各々の問題を解決していくための仕組みとして「コミュニティトレード」と呼び、国境を越えた連携を作っていくことを目指しています。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.