生産者名一覧

伏見蒲鉾(株)

新潟県新潟市北区新崎699-12
私が生産者です
未来ある子供たちへ

新崎の本社工場
 
「美味しいものを作るコツは、新鮮な材料と手間を掛けることである」
私たちは、創業以来この考えに基づき、原料を厳選した「美味しい」蒲鉾、未来ある子どもたちにも安心して食べていただける「安全安心」な蒲鉾にこだわってきました。
美味しさの第一歩は、厳選した良い原料を使用し、その原料を最大限に生かすことだと、私たちは考え、こだわりを持って取り組んでいます。そのこだわりの一例として、野菜本来の味や風味を生かすために、当社は野菜加工室を設置しています。
また、伝承の味と品質を守り続けるとともに、「練り製品業界を活気づけたい」という願いを持って、商品開発にも積極的に挑戦しています。未来ある子供たちへ、より美味しく、安全安心な食品を提供するために社員一丸となって日々の業務に取り組んでいます。
当社の企業理念「未来ある子供たちへ」の根底には、「わが子に食べさせたい商品づくり」という想いがこめられています。
 
私の代表消費材
かに風味スティックかまぼこ
かに風味スティックかまぼこ
 
そのままでも、サラダや炒飯の具材など様々な料理の素材としてもご利用いただける消費材です。
開発当時、一般市場で人気商品だった「カニカマ」に着目しました。市販品とは異なり、色付けは合成着色料ではなく、オキアミペーストとにんじんペーストを使用し、化学調味料を一切使わない無添加のかに風味かまぼこを開発しました。その後、かにの身をすりつぶしたペーストやエキスを加えてよりかにの風味を出しつつ、紅麹色素を使用して色合いを変え、さらにおいしくなるよう改良を重ね、現在に至っています。

〇原料
一般的な冷凍すり身に含まれる重合リン酸塩などの添加物を一切使わない、特注の「冷凍無リンすり身」を使用しています。重合リン酸塩などの添加物は、冷凍による劣化防止のために使用されます。それらを使用しない冷凍無リンすり身は、原料である魚の鮮度が非常に重要です。鮮度を保つため、捕った魚を船上ですり身に加工するものもあります。

〇衛生管理
美味しさだけではなく、安全安心を確保するための徹底した衛生管理・異物混入防止対策を行っています。現状に満足することなく、これからも安全安心で美味しいものをつくり続ける努力を続けてまいります。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
安全・安心な食でつながるパートナーとして
伏見蒲鉾
野菜加工室
 
〇生活クラブとの出逢い
昭和54年、生活クラブより「添加物を使わない、正月用かまぼこを作ってほしい」とのご依頼を受け、取組みを始めたのがきっかけです。当時は、タラの無リンすり身と言えば、重合リン酸塩の代わりに食塩を入れた加塩すり身しかなく、満足する品質に仕上げるのに非常に苦労しました。着色料のかわりに人参ペーストを使った赤かまぼこも、この時の提案より始まったものです。

〇生活クラブとの提携、現在とこれから
今後は、社会環境の変化に対応した消費材の開発も視野に入れ、提案を行っていきたいと考えています。
「安全・安心・美味しい」はもちろんのこと、経済性や利便性も考慮した消費材の開発で、組合員のみなさまにより喜んでいただけるよう努力してまいります。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.