生産者名一覧

(株)オルター・トレード・ジャパン

東京都新宿区大久保
私が生産者です

生産者の自立を応援するバランゴンバナナ
 
(株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビなどの食べ物の交易を行う会社です。現在、食生活をはじめとして、私たちの生活はあらゆる部分で世界の人々の生業や暮らしと密接につながっています。ATJは生産と消費の場をつなぐ交易を通して、生産者と消費者がお互いに協力してよりよい社会のしくみ、関係を創りだそうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。
<現地生産者>
フィリピンのオルタートレード社(ATC)は、生産者たちに基本的なバナナの手入れを奨励し品質の向上に取り組んでいます。また、バナナだけでない多様な作物づくりや家畜の飼育なども取り入れた循環型農業を勧めることで、持続可能な生産とその環境づくりに取り組んでいます。
自然を生かした粗放養殖でエビを育てているインドネシアの生産者たちは、エコシュリンプの交易を行う中で、現地法人オルター・トレード・インドネシア(ATINA)の職員と共にNGOを設立。マングローブの植樹や石けんキャンペーンなどの環境保全活動を通し、持続的なエビ養殖とその環境づくりにも取り組んでいます。
 
私の代表消費材
バランゴンバナナとエコシュリンプは、
環境にやさしく、安全な食べ物です。
「バランゴン」とは、フィリピンに自生するバナナの品種の名前です。ほんのりとした酸味と甘みの調和したコクのある味わいが特徴です。見ためはキズだらけでも、バランゴンバナナの厚めの皮が果肉部分を守ってくれます。バランゴンバナナをつくっているのはフィリピンの小農民で、農薬や化学肥料を使わず、収穫後にも防カビ剤や防腐剤を使っていません。産地の自然環境や働く人びとにとっても、日本の消費者にとっても、安心・安全なバナナです。
エコシュリンプは、粗放養殖で育ったブラックタイガー。沿岸部に広がる養殖池に放流された稚エビは、池の中に棲息するプランクトンや小さな虫を食べながら、健康的に育ちます。過密養殖で使われるような人工飼料は使わず、残渣による汚染が無いことから、病気を防ぐための抗生物質も必要ありません。環境に対する負荷が極めて小さく、持続的な仕組みの中で育ったエビなのです。現地法人オルター・トレード・インドネシア(ATINA)では、生産者との関係づくりを進めながら、買い入れから冷凍加工までを一貫した管理。保水剤やpH調整剤(リン酸塩や亜硫酸塩等)は一切使用せず、一回バラ凍結で製品化します。安心して召し上がって頂けることに加え、国内で再凍結されて販売されることが多い市販のエビとは異なり、調理をしても身が縮みにくいのが特徴です。また旨みの流出がないため、エビ本来の食感と甘みがお楽しみ頂けます。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
食べる人と作る人の共生をめざして

食べる人とつくる人の共生をめざして
 
砂糖産業に依存していたフィリピン・ネグロス島では、砂糖の国際価格の暴落で多くの砂糖労働者が失業し子どもたちが飢餓にさらされました。そうしたネグロスの人々を、援助ではなく事業を通してネグロスの人々の自立を応援しようと「民衆交易」が始まりました。一方、日本国内では、安いバナナが出まわっています。そうしたバナナの多くは、フィリピン・ミンダナオ島のバナナプランテーションで農薬や化学肥料が投入されて大量生産されたものです。そのことによって、産地の環境破壊がすすみ、土壌や水は農薬などで汚染されています。ミンダナオ島の小規模農民たちは、自分たちの暮らしや環境を守るために、バナナ民衆交易に参加しました。

世界最大とも言われた日本のエビ需要は、1980年代以降に東南アジアで急速に広がった過密養殖(集約型養殖)によって支えられました。しかし、そのために産地の環境破壊が進んだことも事実です。そのような中、持続的なエビの生産と消費の仕組みづくりを目指して始まったのが、エコシュリンプの交易です。

日本の消費者は、一般のバナナやエビの消費が多く、その消費を通して生産者や産地の環境に負荷を与えているとも言えます。そうしたなかで、ATJは生活クラブと共に、安全で美味しいバランゴンバナナやエコシュリンプを選んで食べいただくことを広め、同時に生産者を応援し、持続的な生産を可能とする環境づくりに取り組んでいきます。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.