生産者名一覧

ヱスケー石鹸(株)

東京北区東十条
私が生産者です
せっけんを使ってきれいな水を取り戻そう

ヱスケー石鹸株式会社川口工場
 
生活クラブと出会った1973年、ヱスケー石鹸は生活クラブ認定品第2号の粒状せっけんに始まり、数多くのせっけん類を作り続けて、生活クラブの組合員の皆さんとともに、その安全性や機能性を訴えてきました。
現在、地球環境の汚染は深刻度を増し、関心も高まりを見せています。とくに水を守ることは、環境を守る中でも重要な課題の一つです。合成洗剤に較べて環境負荷が低いせっけんを広めることは、以前にもまして重要で、今日的な課題になっているといえます。
ぜひ多くの組合員の皆さんにせっけんのよさを理解してもらい、さらにせっけんの利用を増やすための活動を皆さんとともに進めていきたいと考えています。「せっけんは合成洗剤よりBODが高いから河川の汚染については合成洗剤より環境に良いとは言えない」といった論調が新聞などに掲載されたことがあります。BODだけで見ると確かにせっけんは合成洗剤の3倍です。しかし、これは水質汚濁を「BOD」値にだけ限定した論議です。実は水質汚染にとってBODは全体像の一部にすぎません。
ちょっと専門的だけど「なるほど!」なせっけんの話―BODと合成洗剤:BODが低いから水を汚さないなんてウソ!
BODとは、「生物化学的酸素要求量」つまり生物が分解するときに必要とする酸素の量の高さを示したものです。微生物に分解されやすいものほどBOD値は高くなり、合成洗剤のように微生物に損傷を与える化学物質のBODは低くなります。せっけんはすぐに界面活性力を失う(泡立たなくなる)ので水生生物に悪影響を与えず、むしろ微生物のエサになります。せっけんの生分解性の高さは合成洗剤の比ではありません。
BODは水質の有機物汚濁の指標であって、洗剤の水質汚濁の指標にはなりません。BODと生分解性の両方を組み合わせた数値、ThOD(理論的酸素要求量)、全炭素数などの指標などとあわせて評価する必要があります。
 
私の代表消費材
 

様々な改良を重ねた粒状せっけん
 
粒状せっけんは、1973年の取り組み開始以来、様々な改良を重ねてきました。近年では2003年にリニューアルを行い、5年間利用し続けていただきました。しかし、2007年に原油高騰の煽りをうけ、様々な原料が値上りをしました。 バイオディーゼル需要や世界的な食料需要の増大の影響もあり、油脂や脂肪酸をはじめとしたせっけんの原料や包装資材の価格は大きな影響を受けました。
この原料高騰の波に対して、「いままで通りせっけんを使い続けていただけるように」という思いで、脂肪酸の原料を変更しコストを抑える変更が行われています。
2010年には原料の脂肪酸組成を見直し、水に溶けやすいように改善を行っており、2012年には微粉による粉立ちを抑えるため湿潤剤(グリセリン)を加え、しっとりとした粒子状にすることで粉立ちを抑える改善を行っています。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから

執行役員SG担当営業部長 小林 衛(コバヤシ マモル)
 
出会いは1973年。世田谷で、せっけんを扱っている生協があることを知り、生活クラブを訪れたのがきっかけです。当時生活クラブはコープ製品である合成洗剤「コープセフター」を取り扱いつつ、せっけん利用運動をすすめている生協でした。最初訪れたときはプレハブの建物で倉庫もがらんとしていて、「大丈夫かな」と不安もありましたが、職員の皆さんと毎日のように話しこむうちに生活クラブ運動に対する共感が深まり、信頼関係ができていきました。
74年の石油パニックを契機に、生活クラブのせっけん運動は本格化します。1975年、せっけん利用の社会的意義を訴え、粉せっけんへの完全切替えをめざして都議会への10万人署名を実現。粘り強い内部討議を経て、1977年3月、せっけんと平行取り組みしていた合成洗剤「コープセフター」の取り組み中止が決定しました。
長く続く不況の時代、「売れないから」という理由だけで、せっけんを置かなくなるスーパーが増え、せっけん運動にも当時の勢いにややかげりが見えます。しかし一方で、今ほどせっけん使用の必要性が高まっている時代もありません。
生活クラブのみなさんとともに、せっけんが人にも環境にも悪影響を及ぼさない優れたものであることを広めていきたいと思っています。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.