生産者名一覧

(株)アルプス

長野県塩尻市塩尻町
私が生産者です
自然の恵みを大切にワインと果汁に凝縮し、
お客様にお届け致します。

自社農場を拡げています。
 
我が国有数のぶどうの生産地、信州は日照時間が長く、昼夜の温度差が大きいため、糖度の高い おいしい果実が採れることで知られています。
株式会社アルプスは1927年(昭和2年)に創業以来、地元の栽培農家とともに常に最高の原料をもとに 安心して楽しめるおいしいワインと天然果汁を供給してまいりました。特に安全面では農薬の使用を抑えた原料を使い、 添加物の使用を減らし、品質管理と衛生管理を徹底してまいりました。
今後ともアルプスから生まれる消費材をご愛飲下さいますようお願いいたします。
 
私の代表消費材
リユース瓶に充填した無添加ワイン
 
・はじめてのRびん無添加ワイン
1995年、弊社の技術力を結集して世に初めての「酸化防止剤無添加ワイン」を発売いたしました。 その後ワインブームに乗り、無添加ワインが確実に世に浸透してきたころ、無添加ワインをRびんで 生活クラブ専用で出さないか、というお話しをいただき、開発いたしました。 ただし、こちらは値段を抑えてあるため、県内産葡萄だけを使用することは出来ませんでした。
そこで、アメリカの弊社契約飲料メーカーから一次加工した果汁をいただき、日本で醸造する方法をとっています。このメーカーには年1回のぶどうを搾る時期に弊社技術者が点検に行っています。責任ある消費材を供給するための当然の作業と思っています。
・買ってきたワインはどのように保存するのでしょうか。
基本的には温度冷涼、湿度一定、薄暗い中であまり 振動を与えずに保存してください。コルク栓ならば横に寝かせた状態で保存するのが一番ですが、専用のワインセラーがあるような らばいざ知らず、通常は普通に冷蔵庫がよいでしょう。長く寝かせたい(熟成させたい)高級なワインならば 他にも押入れの中の布団にくるんで保存するなど裏技もありますが、すぐに飲んでしまうようなテーブルワイン では冷蔵庫が一番です。Rびんワインは、王冠ですので、冷暗所でOKです。ただし、冷蔵庫に長く置くと赤ワイン特有のにごりが出ます。まったく害はありません。
開栓後はすぐに飲んでしまわないといけないと思っている方が多いようですが、そういうのはいわゆる高級ワインの話。高級ワインは開栓してから飲み頃を逃すと急激に風味が落ち、品質が低下していくのですが、 テーブルワインは風味や品質の落ち方も緩やかなのでそれほど気にする必要はありません。飲みきれなければ 栓をしてまた冷蔵庫に入れておけば一週間はおいしく飲めます。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
勉強になること多いよなあ!

樽熟成したワインもあります。
 
1994年より生活クラブ長野とお取引を開始させて頂きました。以後、埼玉、神奈川、東京、千葉と順次拡大し、 現在に至っております。生活クラブへは主に地元長野県産ぶどうを原料にした果実飲料、ワインを供給。 また、生活クラブのRびんを使用した製品開発を進めるなどリユース活動にも努力しています。
長野県にはおいしい果実が沢山実ります。ワインのみならず、色々な果実をそのまま搾ってパッキングした 弊社のジュースもお勧めですので機会があれば是非お試しください。 これからも生活クラブとの関わり合いの中で様々な開発を進めていきたいと思います。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.