生産者名一覧

英君酒造(株)

静岡県静岡市清水区由比入山
私が生産者です
本物の日本酒を伝えます

蔵の外観
 
英君酒造は静岡由比という駿河湾に面した由比という漁師町にある小さな蔵元です。
創業は明治14年です。元来蔵元は地方の大地主が多く、自分の土地で出来た小作米の余りを使ってお酒を仕込んでいたようですが、弊社は実は分家で原料米を確保するのに苦労していました。そこで創業当時から他の土地から優秀な酒米を仕入れてお酒を仕込んでいたようです。現在も全国各地から優秀な酒米を求め、手造りで丁寧に仕込んでいます。
またお酒を仕込む上で重要なのが仕込み水です。英君では蔵から3kmほど入った良質な水が湧き出る山を買い求め、そこから仕込み水を引いています。
以前は南部(岩手県)から冬場に熟練した杜氏集団が泊まり込みでお酒を仕込みに来ていましたが、現在はその杜氏の元で修業した地元の杜氏及び蔵人が培った経験に加え、新しい発想や設備で日本酒を大事に仕込んでいます。
 
私の代表消費材
添加物なし、米だけで仕込んだ料理酒

米だけで仕込んだ料理酒
 
生活クラブ連合会保有米を原料として純米で仕込んでおり、一般に流通している料理酒のように色々な添加物は一切使用しておりませんので小さなお子様のいるご家庭でも安心して料理の味付けにお使いいただけます。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
共に更なる進化を目指して

仕込み蔵から上がる蒸気
 
生活クラブとの出会いは今から30年ほど前、酒販免許取得が今よりも難しかったころ、他の生産者からの紹介を受けて生活クラブ神奈川と取引が始まりました。その当時は一般的に流通していたお酒は大手のお酒に代表されるように色々な添加物が入ったお酒が主流でしたが、生活クラブ神奈川の皆さんと取引させていただいたのは添加物が入っていない純米酒と本醸造酒でした。その後、連合会で取り扱っていただくようになり、今では「米だけで仕込んだ料理酒」などを中心に取り扱いがあります。
今後は日本の伝統文化としての日本酒の素晴らしさを伝えるとともに、美味しく安全な食材がたくさんあるのですから、食事との相性の良さを組合員の皆さんに訴求していきたいと思っています。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.