生産者名一覧

JA伊豆太陽 柑橘農法部会

静岡県賀茂郡東伊豆町・河津町
私が生産者です
環境・人に優しい柑橘栽培
 
私達JA伊豆太陽有機農法部会は、東伊豆町・河津町に在住する柑橘生産者36名からなり、温州みかん341a・夏みかん119a・日向夏211aをできるだけ農薬を減らした栽培で行っています。
当産地は伊豆半島の南部に位置し、豊富な温泉群などの自然に恵まれた観光地となっております。年平均気温は16度、年間降水量は2500mm、年日照時間は2300時間前後の温暖多雨の海洋性気候で、一部には無霜地帯が見られます。
園地は相模湾から太平洋に面した海岸沿いの斜面から、山地沿いの傾斜地までと多岐に渡ります。全体的に山地が多く、産地の70%が15度以上の急傾斜地のため、基盤整備等による作業効率の改善を進めています。
平成17年に静岡県認定の環境に優しい農業者《エコファーマー》に部会員全員が認定されました。また、平成22年の12月にはエコファーマーの更新を全生産者が認定され、今後も減農薬栽培のためになお一層の努力することを目指します。
 
私の代表消費材
自然に優しい安心して食べられるみかん
 
・みかんは袋(じょうのう)ごと食べよう。
ビタミンP + Cで血管強化と腎臓の排泄機能向上:みかんの袋(じょうのう)には、ビタミンPの1つ、ヘスペリジンが多く含まれています。併せてみかんには、ビタミンCも多く含まれているので、ビタミンP+Cの力で血管強化(脳卒中予防等)と腎臓の排泄機能向上が図れます。
・みかんを食べてがん予防。
温州ミカンには、がんの予防観点から注目されているβ-クリプトキサンチンが、夏みかん(特に果皮)にはオーラプテンが含まれています。
 
生活クラブとの提携・現在とこれから
今後も安心・安全なみかん作りを
 
当産地は、生活クラブと35年のお付き合いさせていただいております。
安心・安全なみかん作りは、一般のみかん栽培と比べ非常に手がかかりますが、良いみかんが育ったときの喜びには、より深いものがあります。これからもより環境に優しく、組合員の皆さんが安心して食べられるみかん作りに努力していきたいと思います。
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.