地域親生会について

山形親生会

地域循環型複合農業への試み

代表世話人 新田嘉七((株)平田牧場))
農水省はずいぶん前から食糧自給率の向上を目標に掲げているが、一向に上がりません。それは、机の上で考えているからです。私たち生産者の立場からすれば、行動すればそれで済むこと。行動の原動力は。生産現場を伝えたいという想いです。現在山形親生会では、みんな生産現場を組合員に伝えたいという熱い情熱で動いています。

生産活動は、「自分だけが良ければそれでよい」ということはできません。空気と水と大地でつながっているからです。だから山形親生会ではお互い知った顔のなかで融通しあっています飼料用米の取り組みも、生活クラブを通した庄内みどりと平田牧場の長年の付き合いがあったからできたことです。根っこは信頼関係に他なりません。

地域親生会について

地域親生会について

 


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Shinseikai All Rights Reserved.